決定と命令について

経営

命令と決定が上手であることが優秀なチームリーダーの一つの条件です。

「決定」があるからこそ仕事が成立します。なかでも「費用や人間に関係する決定」は重大であると言えます。リーダーはその責任を負うことのできる人物であることが必須です。

「チームの成果」を一番大きく左右させるのは、「時間配分と役割分担」です。
この辺りの事をチームリーダーが適切に決定すれば、スループットをマックスまで押し上げることができます。

(スタッフのモチベーションや想像力を引き出すことも必要ですが、ここでは省きます)

一つ一つのパフォーマンスを高めるためには、人員一人一人の希望を尊重する必要があります。ただ、「スループットを上げるような、パフォーマンスの向上」でないのであれば、本末転倒です。

リーダーは人員一人一人の希望を聞いて、それらの取捨選択をします。
「捨てる事ができないリーダー」がいる組織は、まず間違いなくいずれ壊滅します。

時間配分と役割分担が決定したら、命令します。
これは、「必ずこなすべき事である」と一人一人に理解させるという事を意味します。
「やりなさい」などと言葉で命令するという事ではありません。

この「命令」を行うことで、リーダーの決定に責任が生じる事になります。
ここできちんとリーダーが責任を負っていれば、組織がピンチになった時にスムーズに立ち回ることができます。

思うようにスループットを積んでいくことができない場合は、時間配分や役割分担をリーダーが最適化する必要があります。ちゃんと「決定の責任」がリーダーにあれば、この工程に時間を取られることはありません。

組織のスタッフに欠点が見つかりそれをどのようにしても調整不可能であるとき、または酷い怠慢があった場合などは、そのスタッフをリーダーが組織から外さなければならなくなるかもしれません。
「命令の責任」はリーダーにありますから、このようなケースでもリーダーは毅然とした態度で決断しなければなりません。

責任が一点集中しているからこそ、組織として乱れることがなく、ピンチのときにもリカバーできるのです。

リーダーと他の人員が平等である組織も、それはそれで素晴らしいです。

ですが、命令と決定をこなしてくれるリーダーがいる組織も素敵です。大きな目標に迷わず向かっていくことができます。
リーダーにはちょっとした衝突を吹き消すくらいの自信とスマイルが欲しいものですね。