分かりやすさが重要

経営

分かりやすく話せる人は愛されやすく、信頼されやすいです。

逆に話したり伝えたりするのが下手な人は好かれにくいです。

「これを言いたい!」という熱意があると、つい話が複雑になってしまって聞き手のモチベーションを下げてしまう場合もあるのが「コミュニケーション」というものの難しい部分です。

「話が分かりにくい人」の傾向の一つに「実は当人も理解していない」というものがあります。理屈では分かっているのかもしれませんが、「かみ砕いて自分のものにする」ことができていないのです。

まず、理性をコントロールする左脳に理屈を刻み込むと、「分かる」ことができます。

その上で感性を支配する右脳で理解すると、「かみ砕いて自分のものにする」ことができます。

「自分のものになっていない」うちに話し始めてしまうがゆえに分かりにくくなるのです。ですが、話している当人はそのことに気付かず「さあ、理解してください!」という気持ちでいる可能性が高いです。

そのような姿勢で話すと、話がそれたり、一つの内容を細かく掘り下げすぎたりしてしまいます。いつの間にか「そもそも本題は何だったのだろう」という雰囲気になってもおかしくありません。

「速やかに、かみ砕いて吸収してもらう」ためには、「本当に言いたい事」を一言でまとめておくと良いです。自分で呟いてみて、「そうだ!」と全身で実感できるような言葉がベストです。

ですが、自分がかみ砕いて吸収できていないうちに、そのような一言を探そうとしても見つかりません。強引に「じゃあ、この一言で」と決めても、なんとなく違和感が残ります。

そのようなケースでは、言いたい事やその周辺の知識に関してさらに深く調べて、そこからもう一回「一言」を探してみましょう。

脳内の「知識の倉庫」から、「ベストな一言」を見つけ出していくわけです。

そして、細かい部分はスルーしましょう。まずは骨組みを理解・吸収してもらわなければなりません。その後必要に応じて細かい部分を補足すれば良いだけです。

スルーする事に多少の違和感があったとしても、大勢に影響しないと感じたのであればとりあえずスルーしましょう。まずは、とにかく全体像です。

私もまだ「一言」をパッと探せる領域には到達していません。頑張ります。