casino legaslation japan

ついに登場!カジノで日本を救う計画を大公開!

ゲーム

ギャンブルというのは非常に古い歴史がある。エジプトの発掘調査ではサイコロを振っている絵柄が発見されているし、3大叙事詩の一つのマハーバーラタでは5王子がサイコロ賭博で国も、王位も、妻さえも失って13年間森に潜伏したという逸話が出てくるほど、ギャンブルは人類の発展とともに存在している。人類にとって本質的な要素なのだろう。古くは神の意志や運というものが今よりもずっと比重が高かったため、人を超越する偉大な自然、超自然に通ずるものがあり、占いに用いられていたくらいだ。今でも道端の占いや、動物占いなど人類は超自然とのコミュニケーションが大好きだ。

 

このギャンブルが好きなのが中国人だ。どんな田舎に行っても軒先で中年以上の男性が集まり、賭博の台を中央に置いてお茶を飲みながらワイワイと楽しんでいる姿を目にすることができる。彼らにとって残念なのは中国では正式にギャンブルが認められていないことだ。中国国内でお金をかけて賭博を行うと厳罰が待っている。それでもあちこちで見られるくらい中国人は賭け事が大好きだ。

Marina Sands Bay Casino Singapore

中国ではできないから、彼らは国外で楽しむ。シンガポールのマリーナベイサンズや、マカオのカジノに行けば、カジノ全体が中国語の騒音でいっぱいになってる中で西洋人がおとなしく楽しんでいる横で楽しむことになる。ほぼ全てのプレイで中国人が席を占めている。

 

日本がカジノ法案で狙っているのはこの中国人たちだ。彼らはお金をたっぷり持っているだけでなく、今や日本を超える生活水準を享受しているが、なんだかんだ言いながら日本人に中国好きが多いように、彼らは日本人や日本が基本的に好きだ。日本で美味しい食事や、廉価な料金で素晴らしいサービスを受けられることが大好きで旅行に来ては大いに楽しんで帰国する。では東京のお台場あたりにカジノがあったらどうなるだろうか。

 

カジノはアジアにいくつもあるのでカジノ目当てに旅行者が増えるということはあまり期待できないが、かつて東京が世界の金融の中心地になったように、カジノの中心地になる可能性は十分にある。そうなればしめたもので、世界中からお金がどっと押し寄せてくることになる。カジノの利幅は非常に高く、あのドナルド・トランプもトランプタワーなどの不動産ビジネスからカジノビジネスを始めたくらいだ。カジノが盛況になれば、当然税収は豊富に期待できるだろう。そして税率を決めるのは他ならぬ日本なのだ。

 

ここに強いライバルが出現する。ネットカジノである。ネットカジノについては詳しいサイトがいくつもあるのでここで詳細を述べることは避けるが、とにかく還元率が高く、平均で95%が客に還元される。また実際のカジノに納入されるのと同じスロットマシンを遊べる上に、スマホを使ってどこでも遊ぶことができる。さらに美味しいのが税金だ。特に仮想通貨に対応しているカジノの場合、完全に匿名性が守られている。だから誰がいくら儲かったのかを誰もわからない。税金が取られないのである。ネットカジノについて詳しい情報はオススメのサイトを見るといいだろう。では、グッドラック。