ソーシャルグラフの次にくる「リンクメタデータ」とは?

マイネット

ソーシャルグラフのフィールドにおけるリンクの「濃さ」と「意味」のデータを指して「リンクメタデータ」と言います。 2012年から先のインターネットにおいて、この「リンクメタデータ」が存在感を増していくものと予想しています。 ■SNSの歴史 SNS(ソーシャルネットワーク)の元祖は「Friendster」であるとされています。 グリーとミクシィが日本でスタートしたのが2004年2月のことです。 そして、検索サービスに勝るとも劣らないほどのサービスへとSNSが発展していきます。 「ソーシャルグラフ」がSNSの「核」です。 SNSの利用者が、自身の人間関係を自分からネット上に可視化していくことでソーシャルグラフは成り立ちます。そして、そこを様々なコンテンツが行き交うことで、サービス価値が発生します。例えば、ツイッターで作った友達とコミュニケーションを取ったり、友達のつぶやきを見て面白く感じたりすることが該当します。 このサービス価値は基本的にどんどん衰退していくものです。 リアルの人間関係は時間が進むにつれて変化しますが、ソーシャルグラフに関してはあまり変わらないからです。 「人間関係が変われば、ソーシャルグラフも変わる」という状態になるのがベストですが、「関係を断って、新たな人と繋ぐ」という行動はなかなか積極的にできるものではありません。 そこで、SNSの利用者は「別のSNSに変える」ことをチョイスします。 例えば、「Friendster→Orkut→MySpace→フェイスブック」というふうに。 だからこそ、「流行るSNS」もあれば、「廃れるSNS」もあるのです。 このことを「ソーシャルグラフのリフレッシュ問題」と言います。 ■ソーシャルグラフのリフレッシュ問題 「エッジランク」というランク付けシステム(フレッシュさ、注目性、関連性等を考慮して採点)により、フェイスブックはニュースフィードにどのような記事を表示させるか決めています。 これにより、「自分と関係性の深い人物」の情報だけが残りやすくなり、関係性が薄い人とは自然と離れていくことになります。 そして、フェイスブックの利用者は「深く関係している人とだけ繋がることができるから、フェイスブックから離れる必要はない」という心理状態になっていくのです。 ただ、ニュースフィードがあっても「関係性が薄い人との繋がり」が消滅するわけではありません。 一例として、日本人の場合は「あけましておめでとうのメッセージだけは送りたい」という人がいると思いますが、フェイスブックであればそれもできます。 しかし、普段から「1年に1回しか繋がらない相手」を意識しておく必要はありません。 ニュースフィードのリフレッシュ能力のおかげで、グラフが徐々に成長していくが、「人間関係が変わっている」ことを実感しなくても良い。 フェイスブックのこの性質は、他のSNSにはあまり見られない特別なものであると言えるでしょう。 ■リンクメタデータの蓄積 「f8(開発者イベント)」にて2011年9月、新規のオープングラフをフェイスブックは公開しました。これは、ソーシャルアプリケーションにおける利用者のアクションに「意味付け」をすることを可能にして、利用者のアクティビティフィードをより豊かなものにすることを目指していると述べられました。ですが、「リンクメタデータの蓄積」こそが本当の目的なのではないかと思います。 「リンクの濃度」によってニュースフィードをランク付けする事でグラフリフレッシュが成されます。ここに「リンクの意味」をプラスすることが、フェイスブックの目標なのではないでしょうか。 一例として、A子さんとB美さんが、それぞれが「飲食店に行ったときの料理の写真」の投稿にいいね!を互いにつけていたとしています。このとき二人には「料理の写真仲間」という意味を持たせることが可能ですよね。このデータによって、A子さんのニュースフィードにはB美さんの写真アプリケーションからの投稿が優先して出るはずです。また、B美さんのA子さん以外の「料理の写真仲間」が投稿した、いいね!が多く集まっている写真も上位に出やすくなることでしょう。 また、飲食店の情報などもやや上に出るかもしれません。反対に、B美さんの筋トレアプリ等からの投稿は出にくくなるはずです。 リンクに「意味」ができることで、「関連性の濃いコンテンツ」がニュースフィードに出やすくなるということですね。そして、利用者にとって更に使いやすくなるはずです。 これが上手くいけば、フェイスブックが廃れることは当分ないはずです。 そして、リンクメタデータを「関係性への提供情報最適化」に活かすことが最終的な目標なのかもしれません。このフィールドは、フェイスブック本体だけに留まらず、「フェイスブックにアプリケーションを提供する立場」の企業にとってもチャンスであると言えます。 一例として、ダイエット仲間のC夫さんとD太郎さんに向けて、ダイエット情報を提供するアプリケーションを作るなど。 これから先、フェイスブックが先駆けとなったリンクメタデータという分野がどのように発展していくのか楽しみですね。

Continue Reading

「ソーシャルゲームの企画書」スタートしました

マイネット

マイネット・ジャパンは2012年の5月にソシャゲ事業に進出しました。 「出遅れ感」は否めませんが、「マーケットのスマホ移行」のトレンドに乗って、軽いフットワークで前進することができています。サポートしてくださった方々に感謝しております。 そして、新規ブログメディアを作りました。 その名も「ソーシャルゲームの企画書」、いえ、もっとシンプルに「ソシャゲの企画書」という名称にしました。 人気のあるソシャゲの企画書を「きっとこうだったのだろう」と予測して再構築し、「どのようなゲームだと人気が出るのか」ということを考えていくのが目的です。 最初はパズドラについての記事を作りましたが、ありがたい事にはてなブックマークで上位に入ることに成功しました。 ソシャゲの企画書 : 120万人がハマった新感覚ソーシャルゲーム ~パズドラ6つの秘密~ パズドラゲームシステム これからも定期的に記事を増やしていく予定です。 ソシャゲ関係者のみならず、流行全般に関心がある人もぜひご覧ください。

Continue Reading

CBNS代表挨拶(2012年8月1日)

マイネット

CBNSのスローガンは「どこでもドアの実現」です。 どこでもドアがあれば文字通りどこにいても人と人が繋がることができますが、インターネットによってそれを実現することを目標としています。 我が社が誕生してから約6年、モバイルとソーシャルのフィールドにおいて色々なサービスをリリースしてきました。 ケイティ(katy):モバイルでユーザーと街のショップを繋ぐ販促ASP ニューシング(newsing):旬の話題でコミュニケーションを取るソーシャルニュースウェブサイト(日本で最初の試みでした) どちらも日本で未知のマーケットを開拓したサービスであると自負しております。 最近ではソシャゲのサービスに力を入れています。ゲームシステムを「スマホ特化」にしていく事は当然として、登場人物、物語、世界観(クールジャパンを意識しています)まで全てCBNSが自ら作り上げております。 CBNSは誕生当初から「モニターを通して人間の存在を感じられる」ことを目指して開発をしてきました。それが実現できる企画・開発能力がソシャゲ作りにおいても活用できています。 昨今のソーシャル・モバイルは「地球に大きな単独のマーケットがある」という雰囲気であり、これといって境界線はありません。 特にスマホ使用率は一気に上昇しており、5年後には世界共通のプラットホームで15億個のデバイスが繋がると予想されています。 CBNSは卓越した能力をもつ、事業チームと技術チームが団結してこのチャンスに臨み、どこでもドアへと近づくようなコミュニケーションの魅力を更に高めていく所存です。

Continue Reading

世界に進出するために

マイネット

会社の構造を変化させなければ、マイネットが世界に進出することはできないと感じています。 今までは日本国内のマーケットを想定して、ビジネスを進めてきました。 やはりスタッフも日本人ですから、ユーザーの思考はおおよそ予想することができました。 どこかの国でビジネスを行う場合は、その国のトレンドや文化をしっかりキャッチして、それをサービスに活かすのがセオリーです。マイネットも今までその法則に従ってきました。 ですが、2か国以上を対象にビジネスをする場合は、どこか一つの国に絞ってサービスを構築してしまうと、大きな成功を収めることはできません。 そもそも、「国Aを対象にしたサービス」を完璧に近いものにするには10年前後必要です。 また、現地(国A)で暮らしている方が行ったほうが効率が良いはずです。 しかし、ネット業界の場合は10年も経過したら全てが変わっていると言っても過言ではありません。 そのため、「世界中の人々に通用する価値」を持っているサービスを迅速に提供する必要があるのです。 そのサービスに関わるスタッフが様々な国の空気を自身で実感して、バランスのいい感覚を身につけることが必須です。「じゃあ、世界共通のものにしよう」と語るだけでは成り立たないのです。 また、ローカルビジネスに取り組んできたスタッフだけで考えていてはバランスが悪くなるので、グローバルビジネスに取り組んできた人も参入させることが大事です。 そして、まずはトップが成長することが第一です。共通言語である「経済合理性」と「英語」を習得して、心身で「世界共通の価値」を実感していなければ成功することはありません。 ポジティブに、グローバルベンチャーにチャレンジしていく所存です。

Continue Reading

2013年 今年の目標

マイネット

2013年が始まりました。 2013年元日、マイネット・ジャパンは商号を「株式会社マイネット」にチェンジして、さらなる飛躍を目指します。 スマホ利用率が急激に高まったことにより、全世界のみなさんにサービスをワンボタンで提供可能となりました。 我が社のようなベンチャー企業にとっては、今までにない刺激的な好機が到来したと思っています。 我が社はこの機会に全力を尽くし、今までのネットベンチャーが果たし得なかったグローバルファーストでの躍進を達成する心づもりです。 我が社のスマホアプリでは、利用者のみなさんがアプリを介して同じ時間を共有できます。国境を飛び越え全世界の人とコミュニケーションを取ることができます。 これが普及するほど、世界にスマイルが増えていくことでしょう。 世界のみなさんに「誰かと打ち解け合う幸せ」を提供したい。 本年もポジティブに突き進みます。よろしくお願いいたします。

Continue Reading